keyboard_arrow_right
レーシックとは何かとその詳細についてとレーシック難民とは何かについて

レーシックとは何かとその詳細についてとレーシック難民とは何かについて

レーシックとは、視力回復手術のことです。視力が劇的に向上することから、スポーツ選手や芸能人に人気の手術です。アメリカの有名な黒人プロゴルファーがこの手術を受けたことでも知られており、特に、アメリカではポピュラーな手術です。先進国ではかなり普及している手術です。しかし、日本では、安全性に不安を持っている人もいて、芸能人やスポーツ選手を除いては、最近まで、いまいち一般に普及していないのが原状でした。
しかし、お笑い芸人が受けて、視力回復手術の快適さやよさをアピールすることで、普及率は上がっていました。
当初は、年配の人が視力回復手術を受けるとすぐに老眼がおとずれて、再度眼鏡のお世話になることで受けない人が多かったですが、今では、合わせて老眼治療もすれば、一生眼鏡のない生活ができます。
そのこともあって、今では幅広い世代に好まれている手術です。
しかし、誰でも受けられる手術ではなく、角膜の厚さによっては、受けられない人もいます。今使用している、眼鏡やコンタクトレンズの度数が強すぎる場合にも稀に適応外になる場合があります。
一方で、インターネット上では、芸能人やスポーツ選手のレーシック後の目がおかしいと噂になり、手術の失敗ではないかとささやかれています。また、クリニックに掲載されている、芸能人の体験談ページが削除されていて、実はあとになってから失敗したのではないかとささやく人もいます。クリニック側は、手術の失敗を否定している場合が多く、実際には失敗なのか、ある程度のリスクのうちなのかはわかりません。
視力回復手術を受ける際には、リスクをよく考慮したうえで、アフターサービスのいいクリニックを探すとよいと考えられます。
インターネット上のカキコミや掲示板では、スポーツ選手が最近キレのある動きがないのは、手術のせいだと書いてあるものもあります。また、芸能人が仕事がなくなったのは、視力回復手術のせいだ、かわいそうと書いた上で、レーシック難民とまとめている場合もあります。
レーシック難民という言葉の意味は、視力回復手術を受けていて、それによる直接的な失敗か間接的な失敗により、現在なんらかの不幸や不調に悩まされている人達とまとめられます。
これは、視力回復手術を受けた人本人たちが使うことはほとんどなく、周りの人が視力回復手術を受けたという情報を聞いた上で、現在、なんらかの不幸や不調がある人にたいして使用することが多い言葉です。また、現在、不幸や不調があるかどうかの判断も本人たちが述べることは少ないため、周りにいる人の判断になる場合が多く存在します。