keyboard_arrow_right
レーシックの手術を受ける前には手術の内容を知ってしっかりとした検討を

レーシックの手術を受ける前には手術の内容を知ってしっかりとした検討を

レーシックは、メガネやコンタクトレンズに頼らない視力回復の手段として、近年注目を集めていますが、実際にはどのような内容の手術が行われているかということや、どのような仕組みで視力が良くなるのかといった詳細までの認知度に関しては、まだ一般によく浸透していないという側面があります。
そのため、レーシックはなんだか怖い、危険じゃないかというようなイメージが先行したり、正しい知識や情報が無いことによる施術を受けることへの不安を感じる人も少なくありません。
レーシックとは、簡単に言えば眼球の中でレンズの働きをしている部位の厚みを薄くすることで視力を改善させる手術を行うことです。具体的には、まずレーザー機器などを用いて眼球の表面にあたる角膜の部分をごく薄くスライスし、フタ状の機構を作ります。
そしてそのフタの内側の部分にあたる角膜の一部を削って厚みを薄くします。その後、フタの部分を元に戻すことによって角膜全体の厚みを減らすという作業を行うのです。
角膜の中央部分が薄くなると、眼球に対して凹レンズを用いたような作用が働きます。人の眼球が近視になるとレンズ部分の厚みが増して凸レンズを用いたようになるため、それを軽減でき、結果として視力矯正効果が発揮されるのです。レーシックを受けると、ほとんどの人は裸眼の視力が1以上にまで回復し、メガネやコンタクトレンズの補助を受けることなく裸眼で生活できるようになります。
施術から実際に視力が矯正されるまでに掛かる期間は短ければ1日や2日程度で、視力が完全に安定するまでには遅くても1週間から1カ月程度と、比較的短期間で視力を劇的に改善させることが出来ます。
一方で、手術を受ける場合には角膜にある程度の厚さが必要となるため、もともと角膜が薄い人や眼球に疾患や先天的な問題を持つ人は受けることができません。
また、術後には合併症が起こる可能性が存在し、後遺症として後に残る場合もあるため、一定のリスクが存在することに対して理解をしておく必要があります。こうしたメリットやデメリットを総合的に判断して、自分にはメガネやコンタクトによる視力矯正が良いのか、それとも手術を受けたほうが良いのかを選択することが必要となります。
安易に受ける、受けないを選択するのではなく、家族や身の回りの人などとも相談し、医師が提供する正しい情報を元に、長期的な視野にたって検討を行うことが必要となるでしょう。