keyboard_arrow_right
レーシック手術における失敗例と失敗しないための医療機関探しについて

レーシック手術における失敗例と失敗しないための医療機関探しについて

レーシック手術の失敗はどのようなものがあるのかあまり知られてはいません。眼科系の手術は失明したことで失敗と見なす傾向があります。しかし、今までのレーシック手術のどの症例記録を参照しても、患者さんが術後失明した例は一度たりともありません。では、どのような症状があらわれたとき失敗と見なすのでしょうか。
基本的に現在の技術で施される手術は安全であることがほとんどです。
しかし、中には術後に副作用や後遺症が発生してしまうケースがあるのですが、それらが発生してしまったからといって、手術のミスにはなりません。
なぜならば、副作用や後遺症は手術の事前検査によってその発生予測をすることができ、対処法まで明らかにすることができるからです。
そのため、検査後、後遺症や副作用が発生することが予測された患者さんは、手術を断られることがあります。この時点で、患者さんの眼がレーシックに適応しているかどうか判明するので、安全性はより高まることになります。俗に失敗と見なされる例がいくつかあります。
一つ目は角膜移植をしなければならなくなった場合です。医師が、角膜の表面から深いところで切開してしまったがために、水晶体を傷つけ、白内障を引き起こしてしまうことになります。専門眼科医が行えばこのようなことは発生しないので、きちんとした病院に行くことでこれはほぼ対策できます。
二つ目は、感染症を引き起こしてしまった場合です。執刀医が消毒もせず、かつ素手で手術を行った結果、患者さんが感染症を引き起こしてしまうということがまれにあります。
自分が治療を受ける病院の衛生管理はどれほどのものかということを患者さん自身が手術前に確認する必要があります。三つ目は、視力が回復しないということです。
これは、患者さんの近視の強さの度合いによります。近視が強度であればある程、角膜を削る厚みが必要とされるので、安全性を考えると、視力回復はどうしても難しくなってしまうのです。
担当医と手術によってどのくらい視力が回復するのかを事前に確認せることで防ぐことができます。四つ目は、手術後、不正乱視になってしまった場合です。
患者さんの角膜がコンタクトレンズの長期使用によって変形していたにも関わらず、角膜の形が戻らないまま手術に踏み切った結果、不正乱視を引き起こしてしまうということがあるのです。
このようなことは担当医の判断ミス、技術不足が大きな原因となります。以上のことから、手術を受ける際は、症例数を多く待った眼科医のもとに行くのがよいとされています。